銀のお手入れ – 黒ずみを取る(布)

silver_duster

シルバー製品は、年月とともに黒ずみが生じます。
そのため、宝飾店などでは貴金属を磨くための布が販売されています。
布に研磨剤をしみ込ませており、
シルバーの表面を拭くと、美しい輝きが戻ります。

使い捨てタイプと、洗って繰り返し使えるタイプがあります。
取り扱い説明書をお読みの上、ご使用ください。

銀工房wanlingの作品をご購入のお客様には、
磨き布を無料でお付けしています。

銀のお手入れ – 黒ずみを抑える

zip
シルバーは放っておくと、黒ずんできます。
これは空気中に微量に含まれる硫黄等の成分と化学反応を起こすためです。

温泉に入るときには、銀のアクセサリーは外して入りましょう。
温泉に含まれる硫黄成分で、銀があっという間に真っ黒になってしまいます。

この銀の黒ずみを抑えるためには、銀製品をなるべく空気に触れさせないことが大切です。
汗や脂がついたときには、水洗いした後、柔らかい布で水分をしっかり拭き取ります。
ジップ付きの袋や密閉できる容器に入れて、空気をなるべく押し出して保管しましょう。
こうすることで、白く光り輝くシルバーを長く楽しむことができます。

銀のお手入れ - 黒ずみを取る


シルバーのアクセサリーは、
年月とともにどうしても黒ずんでしまいます。
シルバー磨き布で拭くときれいになりますが、
チェーンの細かい部分などは黒ずみが残ってしまいます。
そこで、家庭でもかんたんに黒ずみが取れる方法をご紹介します。
<用意するもの>
・鍋(アルミ製以外のもの)
・沸騰したお湯 1L
・重曹 大さじ3
・アルミはく
<手順>
1. 鍋にアルミはくを敷き、シルバー製品をのせる。
2. 鍋にお湯と重曹を入れ、一晩放置する。
3. シルバー製品を水洗いする。
たったこれだけで輝きが戻ります。
家にあった重曹のパッケージに書かれていた方法です。
一度試してみると、家中のシルバー磨きを試してみたくなること間違いなしです。
※ 天然石、ガラスなど熱に弱い素材が含まれている場合には上記の方法は適用しないでください。割れたり、変色するおそれがあります。
※ いぶし仕上げの作品には不向きです。いぶしが取れてしまいます。
※ 鍋にお湯と重曹を入れるとき、泡が出ます。火傷などにご注意ください。