つくり手インタビュー 銀工房wanling

ブランド  銀工房wanling (ぎんこうぼうわんりん)
つくり手  竹崎万玲
職業  ジュエリー作家
出身地  高知県高知市
活動拠点  東京都墨田区
趣味  読書 手作り 旅
WEB  http://wanling.jp
Facebook  https://www.facebook.com/wanling.jp/
Instagram  https://www.instagram.com/wanling.jp/

Q. つくり手の自己紹介

高知県出身。
立教大学文学部心理学科卒業後、
ジュエリー制作を学びました。

システムエンジニアやWebデザイナーとして企業勤務を経た後、
現在は東京都を拠点として創作活動を行なっています。

Q. この仕事をはじめたきっかけ

大学では心理学を学びましたが、
昔から好きだったものづくりの道に進みたいと思い直し、
高校時代の工芸の授業の恩師に
ジュエリーの制作方法を学びました。

Q. 現在はどのように活動しているか

セレクトショップなどで作品を販売しているほか、
不定期にギャラリーや百貨店、ショップなどで
展示販売を行なっています。

Q. ものづくりを行ううえで、どのような点にこだわって作っているか

レンコン、コーヒー豆、しじみなど、
身近な暮らしのなかにある自然・植物・野菜などを題材として
ジュエリーを制作しています。

ジュエリーの素材は品質が良く、長く使える
シルバーやゴールド、ガラスなど。
ふだんの生活のなかで使いやすい
デザインや大きさ、つけ心地にこだわり、
ハンドメイドにより1点ずつていねいに作り上げています。

Q. 作りたいもののアイデアはどのように思いつくか

土地や暮らしに根ざした活動をしたいと考えています。
その土地ならではの風景や自然を切り取って、
ジュエリーに映し出すように作っています。
例えば「しじみ」シリーズは、工房のある東京都墨田区ゆかりの作品です。
昔隅田川で採れていたというしじみをモチーフにして作っています。

Q. 制作するうえで大変なことは

細かい作業が続くので、目の疲れと肩凝りとの格闘です。
1人で制作しているので、気分転換も兼ねて
あえて外に出るように心がけています。

Q. 写真の作品のタイトルと、作品に込めた思いやエピソード

「菜の花」
菜の花モチーフの小さなジュエリーです。
アイデアの源となったのは、
わが家のベランダで冬を越したベビーリーフです。

もともとは食べるために植木鉢で育てていた
ベビーリーフですが、
春にはしっかり花を咲かせました。
そのあともどんどん大きくなり、
種も取れるほどに茎を伸ばしました。

小さな菜の花のなかにも、
強い植物の生命力を感じます。

Q. 今後の展示などの予定

2018年3月、作品のお取扱店が増える予定です。
詳細はホームページにて後日お知らせします。

Q. 今後やりたいことや目標

作品のお取り扱い店を増やし、
より多くの人に作品を届けたいです。
また、今回開催するイベント「ズコウシツ」を、
今後も定期的に開催したいと考えています。
いつかアトリエショップを持ちたいです。