甲府ジュエリー産地見学に行ってきました

いつもお世話になっている台東デザイナーズビレッジの主催ツアーに参加し、
甲府ジュエリー産地見学に行ってきました。
普段は公開していない工房を見られる、貴重な体験でした。

今から1000年前、昇仙峡で水晶が発見されてから、
甲府は水晶細工の地として知られるようになりました。
伝統工芸として、水晶彫刻研磨が現代に受け継がれています。

kaiteras
まずは第62回ジェムストーンフェアの見学。
年2回開催されているこのフェア。
新宿から出ている無料送迎バスを利用しました。
会場は宝石で埋め尽くされていました。

genseki
続いては、ジュエリー工房4社の見学。
工房のあちこちに、原石が転がっています。
まばゆい光に、目が眩みそうです。

suishobutsuzo

kenma
宝石の彫刻は、ディスクに砂を付けながらの作業です。
砂の粗さを何段階かに分けて、徐々に細かくして磨き上げていきます。
宝石を直に手に持って研磨する「手ずり」と呼ばれる研磨方法は、
世界でも甲府にだけ見られるそうです。

cutstone
私も研磨を体験してみました。
一番右が自作品。
メノウをお花のカタチに作りました。
細かいところを磨く時間はありませんでしたが、
時間を忘れて没頭。楽しかった。

真ん中は河野水晶美術の河野誠先生が実習時間中に作ってくださったもの。
紫のハートのアメジスト。
こんなものもらったら惚れてしまいますね。

左の四角い水晶は、わずか10分程度の間に、
シミズ貴石の清水幸雄さんがおしゃべりしながら磨き上げたもの。
まさに職人芸!すばらしい。
私はじゃんけんに勝ったので、1個しかないこの水晶をゲットしました。

同行者もジュエリー関係者ばかりで、いろんなお話を聞くことができました。
地元高知のサンゴのつながりもある業者さんもいて、ほんとうに貴重な経験でした。

山梨の皆さんは、とても温かく迎えてくださいました。
また、若手の職人さんが多く育っており、
山梨県も伝統工芸品・芸術品として世界へ羽ばたくバックアップもしていました。
甲府の今後が楽しみです。甲府また行こう。

creemaの特集にピックアップされました

creemaPickupContents_rain

creemaの特集「ウチでもソトでも 雨の日こそ楽しく」に、
銀工房wanlingのしずくガラスネックレスがピックアップされています。

「雨」をテーマにした作品がいっぱい。
見ていて心が和む特集です。
雨が楽しみになることまちがいなし。
どうぞごらんください!

http://www.creema.jp/exhibits/pickupContents

お客様の声_モノづくり市


先日開催されたモノづくり市でご購入いただいたお客さまから、
素敵なおたよりが届きました。

作品を、気に入っていただけているということでした。
「夏の間、活躍してくれそうです。」と書かれてありました。

こういった声をいただけると、ほんとうに嬉しいです。
とっても励みになります。
ますます制作をがんばろうという思いです。
ほんとうに、ありがとうございました。

第3回モノづくり市 終了しました




2012/5/26に参加したモノづくり市が無事終わりました。
5/22に開業したスカイツリーを間近に臨む、
隅田川沿いのミラー会場。

銀工房wanlingは窓際だったので、
スカイツリーや隅田川クルージングの船が見えました。

イベント当日は素晴らしいお天気に恵まれ、
たくさんのお客さまがお見えになりました。
前回のモノマチも大賑わいでしたが、
今回は地元の参加企業が大幅に増えたこともあって、
まさに街を挙げての一大イベントとなっていました。
イベントが根付きつつあるのを実感しました。

会場では、たくさんの素敵な出会いや再会がありました。
銀工房wanlingの前回の出展のことを覚えていてくださっているお客さまも多く、
お声をかけていただきました。ありがとうございました。

前回にいただいたアドバイスや反省点を、
自分なりに改良して臨んだ今回のイベント。
今回のディスプレイには天然木を用い、ほっと落ち着ける空間を演出しました。
また、かんたんにできるお手入れ方法などもあわせてご紹介しました。

次回、また出展できるように今から準備しておきます。
ご来場くださったみなさま、どうもありがとうございました。

モノづくり市 明日です

明日はいよいよモノづくり市です!
銀工房wanlingは5月26日のみの参加となります。
ご注意ください。

今日は一足先に始まった2k540でのモノマチ・モノづくり市を見に行きました。
あいにくの雨模様。
でもみなさんはりきって展示されていました。

明日は晴れるそうです。
どんな出会いがあるか、今から楽しみです。