CCJクラフト見本市に出展します 2013/2/7-2/9 自由学園明日館(池袋)

201301ccj
2013/2/7 – 2/9に、CCJクラフト見本市に出展します。
さまざまなジャンルの作り手約120組が勢揃いする展示会です。

会場となる自由学園明日館はフランク・ロイド・ライト設計による
重要文化財となっている建物です。
いつかここで展示ができればいいなと考えていた場所です。
建物だけでも一見の価値ありです。

また池袋は私が大学時代の4年間を過ごした地でもあります。
大学からもほど近いので、合間があれば久しぶりに足を延ばしてみようかなと思っています。

CCJクラフト見本市
2013年2月7日(木)、8日(金)、9日(土)
10:00-20:00(最終日は17:00まで)
自由学園 明日館(池袋駅から徒歩7分)
東京都豊島区西池袋2-31-3
2月7日(木)/バイヤー、メディア関係者のみ
2月8日(金)、9日(土))/一般公開、展示即売日

主催 一般財団法人クラフト・センター・ジャパン
http://www.craftcenterjapan.jp/

世界の銀の産地

silver_production_country_2011
私たちが日々使っている銀は、いったいどこから来るのか?
ふと気になって、銀の産地を調べてみました。

日本もかつては輸出するほど銀が採掘されていましたが、
現在は資源が枯渇し、目ぼしい生産国ではなくなりました。

2011年 世界の銀の鉱山生産量 (トン)
1 メキシコ 4,753
2 ペルー 3,414
3 中国 3,233
4 オーストラリア 1,717
5 チリ 1,311
6 ポーランド 1,270
7 ロシア 1,243
8 ボリビア 1,214
9 米国 1,120
10 アルゼンチン 703
33 日本 24
その他 3,687

《参考》GFMS社『World Silver Survey 2012』

お客様の声 – しずくガラスピアス

drop_glass_pierce

Creemaにてしずくガラスピアスをご購入いただいたお客様の声をご紹介いたします。

評価: 非常に良い
しずくガラスピアスdrglclp1

《コメント》
とても丁寧にしていただきありがとうございます。しずくガラスがとっても幻想的でとっても素敵でした。よいプレゼントになりそうです(*^_^*)

http://www.creema.jp/c/wanling/ratings

お客様の声 – レンコンネックレス

renkon_necklace

Creemaにてレンコンネックレスをご購入いただいたお客様の声をご紹介いたします。

評価: 非常に良い
レンコンネックレス(小)ltn1

《コメント》
とても迅速な対応をしていただきました。レンコンのモチーフに一目惚れしました!シーンを選ばず、さりげない個性のワンポイントになりそうです。

http://www.creema.jp/c/wanling/ratings

お客様の声 – しずくガラスネックレス

drglcl1

Creemaにてしずくガラスネックレスをご購入いただいたお客様の声をご紹介いたします。

評価: 非常に良い
しずくガラスネックレスdrglcl1

《コメント》
迅速かつ丁寧に対応していただきありがとうございました。
作品も綺麗でとても気に入りました。
また機会がありましたらよろしくお願いいたします。

http://www.creema.jp/c/wanling/ratings

作品発送の準備中です

201211wrapping
インターネットでご注文のお客様のため、発送準備中です。

ラッピングは時期によって変わる可能性がありますが、今回はこんな感じです。
きれいなブルーのジュエリーケースにお入れしました。

銀工房wanlingの作品は、すべてラッピング無料でお届けしています。
気に入ってくださるといいなぁ。

スミファ すみだの工場びらきを見学してきました

墨田区は、江戸時代からものづくりが盛んに行われてきました。
現在も、紙、革、金属、ガラスなど様々なジャンルの製品が作り続けられています。
そんな工場・工房を一般開放するイベント「スミファ」に参加しました。

201211sumifa1
金属製品を鋳造する東日本金属さん。
真鍮製ドアノブや蝶番が作られていました。
醤油工場を移築したという古民家の壁一面に掛けられた原型の数々は、
見るものを圧倒します。

201211sumifa2
最終仕上げの研磨職人さん。
私もジュエリーの磨きをしますが、本当に大変です。

201211sumifa3
「てのひらトング」で注目されている笠原スプリング製作所の笠原さん。
お話を伺って、一見何でもないようなトングには、
とんでもない技術が結集されていることが分かりました。

他にも印刷や繊維などたくさんの会社に訪問しました。

共通していたのは、自社オリジナル製品に力を入れていこうとしているところです。
かつて景気が良かった頃は、大企業の下請けとして製造業は盛んでしたが、
リーマンショックの影響や、日本経済が全体的に下火になり、
同時に仕事が海外に流出してしまいました。

そんな中で、日本人にしかできない分野で勝負しようと、
知恵と創意工夫を凝らし、生き残りをかけて努力しています。

工場というと普通の人にはなかなか敷居が高いイメージがあるので、
こういった一般に開放する機会は、今後もぜひ設けてほしいものです。
今回工場見学にお邪魔して、自分のモノづくりの幅が広がった気がします。
後々一緒に盛り上げることができれば良いなぁと感じました。

スミファ
http://sumifa.jp/

銀のお手入れ – 黒ずみを抑える

zip
シルバーは放っておくと、黒ずんできます。
これは空気中に微量に含まれる硫黄等の成分と化学反応を起こすためです。

温泉に入るときには、銀のアクセサリーは外して入りましょう。
温泉に含まれる硫黄成分で、銀があっという間に真っ黒になってしまいます。

この銀の黒ずみを抑えるためには、銀製品をなるべく空気に触れさせないことが大切です。
汗や脂がついたときには、水洗いした後、柔らかい布で水分をしっかり拭き取ります。
ジップ付きの袋や密閉できる容器に入れて、空気をなるべく押し出して保管しましょう。
こうすることで、白く光り輝くシルバーを長く楽しむことができます。

益子秋の陶器市に行ってきました

201211mashiko
ずっと行きたいと思っていた益子の陶器市に、
日帰りで行ってきました。

お天気も良く、気持ちいい秋晴れのなか、
益子はたくさんの人で大賑わいでした。

春・秋2回行われる陶器市は、
益子焼の器をお得なお値段で手に入れることができるので、
毎回多くの人が訪れています。

様々なテントが立ち並び、
作っている人から直接買うことができるのが魅力です。
窯元はたくさんありますが、それぞれに個性を持っていて、
見ていて飽きることがありません。

日帰りだったので、半分ほどしか見ることができませんでしたが、
十分に堪能することができました。

私はお皿と小鉢を購入しました。
早く使える日が来るのが楽しみです。