作品発送の準備中です

201211wrapping
インターネットでご注文のお客様のため、発送準備中です。

ラッピングは時期によって変わる可能性がありますが、今回はこんな感じです。
きれいなブルーのジュエリーケースにお入れしました。

銀工房wanlingの作品は、すべてラッピング無料でお届けしています。
気に入ってくださるといいなぁ。

スミファ すみだの工場びらきを見学してきました

墨田区は、江戸時代からものづくりが盛んに行われてきました。
現在も、紙、革、金属、ガラスなど様々なジャンルの製品が作り続けられています。
そんな工場・工房を一般開放するイベント「スミファ」に参加しました。

201211sumifa1
金属製品を鋳造する東日本金属さん。
真鍮製ドアノブや蝶番が作られていました。
醤油工場を移築したという古民家の壁一面に掛けられた原型の数々は、
見るものを圧倒します。

201211sumifa2
最終仕上げの研磨職人さん。
私もジュエリーの磨きをしますが、本当に大変です。

201211sumifa3
「てのひらトング」で注目されている笠原スプリング製作所の笠原さん。
お話を伺って、一見何でもないようなトングには、
とんでもない技術が結集されていることが分かりました。

他にも印刷や繊維などたくさんの会社に訪問しました。

共通していたのは、自社オリジナル製品に力を入れていこうとしているところです。
かつて景気が良かった頃は、大企業の下請けとして製造業は盛んでしたが、
リーマンショックの影響や、日本経済が全体的に下火になり、
同時に仕事が海外に流出してしまいました。

そんな中で、日本人にしかできない分野で勝負しようと、
知恵と創意工夫を凝らし、生き残りをかけて努力しています。

工場というと普通の人にはなかなか敷居が高いイメージがあるので、
こういった一般に開放する機会は、今後もぜひ設けてほしいものです。
今回工場見学にお邪魔して、自分のモノづくりの幅が広がった気がします。
後々一緒に盛り上げることができれば良いなぁと感じました。

スミファ
http://sumifa.jp/

銀のお手入れ – 黒ずみを抑える

zip
シルバーは放っておくと、黒ずんできます。
これは空気中に微量に含まれる硫黄等の成分と化学反応を起こすためです。

温泉に入るときには、銀のアクセサリーは外して入りましょう。
温泉に含まれる硫黄成分で、銀があっという間に真っ黒になってしまいます。

この銀の黒ずみを抑えるためには、銀製品をなるべく空気に触れさせないことが大切です。
汗や脂がついたときには、水洗いした後、柔らかい布で水分をしっかり拭き取ります。
ジップ付きの袋や密閉できる容器に入れて、空気をなるべく押し出して保管しましょう。
こうすることで、白く光り輝くシルバーを長く楽しむことができます。

益子秋の陶器市に行ってきました

201211mashiko
ずっと行きたいと思っていた益子の陶器市に、
日帰りで行ってきました。

お天気も良く、気持ちいい秋晴れのなか、
益子はたくさんの人で大賑わいでした。

春・秋2回行われる陶器市は、
益子焼の器をお得なお値段で手に入れることができるので、
毎回多くの人が訪れています。

様々なテントが立ち並び、
作っている人から直接買うことができるのが魅力です。
窯元はたくさんありますが、それぞれに個性を持っていて、
見ていて飽きることがありません。

日帰りだったので、半分ほどしか見ることができませんでしたが、
十分に堪能することができました。

私はお皿と小鉢を購入しました。
早く使える日が来るのが楽しみです。

工房ショップ見学_大関鞄工房

ozekiKaban
明日30日までですが、すみだ3Mスペシャルウィークが開催されています。
普段は入ることのできないモノづくり工房を見学できるチャンスです。

両国駅近くの大関鞄工房におじゃまして来ました。
革の工房として長い歴史を持つ同店は、工房を併設したショップです。
職人さんの手仕事による国産の革製品が、
驚くほど安い価格で販売されていました。

すみだ3Mスペシャルウィーク期間中は、
鞄や財布などの革製品を3分間“無料”メンテナンス及び点検をしてもらえます。
私の使い古した財布に、天然の安心材料で作られたクリームを塗ってくれました。

最近では「アウトオブキッザニアinすみだ」に参加し、
子供たちの職業体験プログラムにも貢献しているそうです。

ちなみに工房名の由来は、両国だから「大関」と名乗っているのではなく、
なんと本名なのだそうです!インパクトありますね。

大関鞄工房
http://squeeze.ne.jp/

Creemaのキュレーション「ドーナツとコーヒー」にピックアップされました

cfng1

ハンドメイドショッピングサイト Creemaには「キュレーション」という機能があります。

キュレーションは、Creemaに出品されている作品の中から、
設定したテーマに合わせてお気に入りの作品を集めて披露するギャラリーです。

その中のひとつ「ドーナツとコーヒー」に、
銀工房wanlingの金のコーヒー豆ネックレスがセレクトされています。

Creemaには膨大な作品が出品されているので、
こういったキュレーションをヒントに作品を探してみるのもいいかもしれませんね。
自分でキュレーションを作って披露するのも、バイヤー気分で楽しいかも。

「チルチンびと広場」に掲載されました

chilchinbito-hiroba

「チルチンびと広場」の「ギャラリー・工房」に
銀工房wanlingの情報を掲載していただきました。

「チルチンびと広場」(http://www.chilchinbito-hiroba.jp/)は、
国産材を使った木の家造りを通して「地域循環型社会」に貢献したいという思いで創られている
「チルチンびと(風土社)」という雑誌のweb版です。

地域に根差して活動している全国のお店や作家、イベント情報が盛りだくさんです。

http://www.chilchinbito-hiroba.jp/CategoryDetail.php?p=1&pref=13&cl=4&cic=13_04_0062

お客様の声_コーヒー豆ネックレス

coffee beans necklace
ようやく季節が秋めいてきました。
今年の夏は、長かった…

Creemaで販売したコーヒー豆ネックレスについて、
嬉しいお客様の声をいただきましたのでご紹介します。

評価: 非常に良い
コーヒー豆ネックレスcfn1

《コメント》
とても素早く対応していただけました!!
また、商品もすごくかわいくて、ほんとにコーヒー豆です。
沖縄でコーヒーの木を栽培して、その豆をローストして
本気で国産(沖縄産)のカフェをしている友達にあげるのですが
たぶん、いや絶対に喜ばれると思います!!

今後も野菜やとても身近なものをモチーフとして制作していただきたいものです!!
自然にできた形はとても美しいのですから…

http://www.creema.jp/c/wanling/ratings

深川美楽市 参加キャンセルします

本日の深川美楽市、雨天となりましたので
残念ながら銀工房wanlingは参加をキャンセルします。

深川美楽市自体は、規模を縮小して開催するそうです。
会場は深川資料館通り商店街事務所2階になります。

きき酒+和菓子、フランス菓子や、足もみテントも出店するそうです。